Anarchy WORKSHOP

アラサービジネスマンが日々の生活を備忘的に綴ります。ラジオトークやってます

anarchy WORKSHOP

【雑記・グルメ】ラーメン二郎との思い出

どうも。メガネです。

 

今週の平日はほぼ毎日飲みに行っていたので、疲れたが溜まっていたようで、昼に少し起きたあと、この時間まで寝ておりました。

外は台風一過の晴天で少し「もったいなぁ」なんて感じつつも、誰にも侵されない時間を享受できている事実と私が与えられた自由がたまらなく嬉しくなったりもする面倒臭いアラサーです。

 

本日はラーメン二郎について書いていきます。

出会いは私が一回り以上年上の彼女と付き合っていた時代まで遡りますが、出会いの話はまたいつか。

 

★ラーメン二郎を知らない方のための概要

  • もともとは慶大生のソウルフード
  • 現在は全国に30店舗以上展開
  • 圧巻の麺とヤサイの量、そして特大焼豚(小でも他店の大盛りぐらいの量)
  • 店ごとに味が異なる(ベースは同じ)
  • 同じ店でも日によってクオリティが異なる(通称:ブレ)
  • 独特の呪文(ヤサイマシマシニンニクアブラ等)
  • しずる村上さんは全店出禁
  • ニンニクいれますか?

最近ではインターネットの影響もあり、ネタ扱いを受けることもありますが、実際には本当に美味しいラーメンです。また店ごとに味やテイストが異なるので、巡礼と称して色々な二郎を食べ歩く行為もファンの間では行われています。

(二郎は大抵、駅から少し離れたところにあるので私は巡礼してません)

 

二郎のメニュー構成は非常にシンプルです。

ラーメンのサイズ、チャーシューの量、基本的にはこの二点の組み合わせです。

(小、小ぶた、小ダブル、大、大ぶた、大ダブルが基本構成)

※ダブルはぶた二倍

 

お店によってはつけ麺やまぜそば、各種トッピングがありますが、初めていく場合は小一択でしょう。

※女性の方も食券提出時に「麺少なめ」「麺半分」とオーダーすることで大体の店舗で麺の量を減らせます。

 

そして二郎を二郎たらしめる制度。それがトッピングです。

ラーメン提供直前に店員から「ニンニクいれますか?」と聞かれます。これは純粋にニンニクを入れるかどうかを聞いているのではなく、トッピングの有無を聞かれています。

※一部店舗では「トッピングどうぞ」と言ってくれます。

※「ニンニクいれますか?」に対し「はい、いいえ」で答えても間違いではありません。

 

トッピングは四種類

  • ニンニク
  • ヤサイ(上に乗る野菜の量)
  • アブラ(背脂)
  • カラメ(味濃いめ)

カラメ以外は標準で入っていることが多いです(店舗によって異なります)

ですので「普通で」と答えれば、その店の標準が出てきます。

量を増やしたければ「マシ」、さらに増やしたければ「マシマシ」と発声します。

逆に入れてほしくないものは「少なめ」「ヌキ」と発声します。

※たまに「ナシ」と言う人もいますが「マシ」と混同するので「ヌキ」が無難です。

 

たとえば野菜とニンニクを増量、背脂なし、味濃いめの場合

「ヤサイマシニンニクマシアブラヌキカラメ」と発声します。

 

店によってルールやテイストが異なりますので、下調べしてから行くのが吉です。

またネット等に冗談半分で「ギルティ行為(迷惑行為)」と書かれているものが多くありますが、そのほとんどはギャグなのであまり気にしない方がいいです。

 

★実際にやってはいけないこと

  • ラーメンを残す(増量して残す行為は本当にやってはいけません。

私が実際に感じるのは、これだけですね。

最近ではSNSへのアップ目的で食べれもしない量を頼む迷惑な人が一部いるようですが、絶対にやめていただきたい。

 

「俺は客だぁ!俺が金払ったものを残そうが自由だろう!」という思想をお持ちの方がいますが、ぶん殴りたいですね。トッピングはあくまでサービスなのですから、食べれないなら増やさないのは当たり前のことです。

また初見の方で、全部普通にしたのに食べられない場合、ここまで叩かれません。

 

私がラーメン二郎未経験の方にオススメしたいのは、私のホーム店舗でもある「池袋店」です。割と初見さんも多いように感じますし、接客等を含めても他店に比べて商売っ気があるように感じます。

皆様もルールを守ってラーメン二郎を楽しみましょう。

 

かしこ

 

★私の好きな池袋店(小豚ダブルニンニクマシアブラマシカラメ)

この日は神豚で、独特の味付き黒アブラが最高でした。

私は基本的に麺カタメにしますが、池袋店ではデフォでカタメをオススメします。

 

f:id:buffett0904:20180825183331j:plain