Anarchy WORKSHOP

アラサービジネスマンが日々の生活を備忘的に綴ります。ラジオトークやってます

anarchy WORKSHOP

【映画レビュー】湯を沸かすほどの熱い愛

どうもメガネです。

休日ブログ更新しすぎ問題が浮上してますが、気にせず書いていきます。

 

ラジオのリスナーさんから紹介していただいた宮沢りえ主演「湯を沸かすほどの熱い愛」をAmazonプライムビデオで視聴しましたので、感想を書いていきます。

※ネタバレたっぷりで書いていきます。

 

f:id:buffett0904:20180902222320j:plain

 

 

総評:★★☆☆☆(星二つ)

視聴前にちょこっと検索かけてみたところレビューや口コミを好評で、かつあらすじが結構好みだったので視聴に踏み切りましたが、個人的にはう〜んでしたね。

泣かせのポイントはわかるし、感動した方々がどういったポイントで琴線に触れるかもなんとなくわかるんですが、それ以外のツッコミポイントが多すぎて霞んでしまいます。特にお母ちゃんと娘らが車で旅に出るシーンぐらいからずっと首を傾げることに。

それでも後述しますがお母ちゃん役の宮沢りえや安澄役の杉咲花の演技はとても素晴らしかったと思います。

 

個人的に良かった点と気になった点をそれぞれ書いていきます。

 

よかった点(この映画の見所)

  • 宮沢りえの迫真の演技が素晴らしい。実際にかなり減量されたと思われるのですが、やつれ方が半端ではなく、強く逞しい現代では忘れられてしまったお母さん像を表現してくれています。(ただちょっと宮沢りえが綺麗すぎるかな?)
  • 娘?役の二人がどちらも素晴らしい。特に杉咲花ちゃん。この子演技うますぎじゃないですかね??正直この映画の一番の功労者だと思います。気弱で生意気で、でも素直な思春期らしいキャラクターがとてもよくマッチしてました。
  • 現代では少なくなってしまった家族を中心とした群像劇。テーマ自体はとても好きです。それだけにツッコミポイントが残念。

物申したい点(いっぱいあります)

観客をイライラさせるオダギリジョー

恐るべき超絶無責任男。妻子を放って蒸発しておいてシレッと帰ってくるまではいいが、なんの禊もなしですか?チャラいとかじゃ許されないですよ。それこそお母ちゃんの懐のデカさを表現したいのかもしれませんが、いくらなんでもヘラヘラしすぎです。途中で安澄が「お母ちゃんの苦労も知らずに、当たり前みたいな顔してるのがムカつく」と言ってますが、ほんとそれ。

しかも末期ガンの女房を大丈夫って言ってるからって旅行を許可するか??せめて付いていけよ。そもそもお前と前の女房の問題だろうが!!!

しかも後半なんでお見舞い行かないの?いや行けよ。もっと誠実に真面目に向き合って生活しろや!ちょっと組体操したぐらいで許されると思うな!!

安澄の実母との再会、もっとやり方なかった?

物語中盤で娘の安澄にお母ちゃんの実の娘ではないことを告げるシーンがあるんですが、もっとやり方あるでしょう・・・。そんないきなり言われて納得できる方がすごいと思うわ。しかも車から急に降ろされて挨拶に行けって・・。「向き合え!」とか言われますけど、いやぁいきなりは無理っす。

そしてめっちゃ図々しい安澄の実母

お前さぁ。お前、子供捨ててんねんで!!!オダギリジョーといいお前といい無神経夫婦か!!なに当たり前みたいな顔して会いにきとんねん。わかるよ。これもお母ちゃんの懐の深さうんぬんわかるんだよ。でもお母ちゃん亡くなってからでもええやん。交流深めるのは。しかも家に入ってくんのはナシだろ・・。勝手に台所に立って料理作るのやめてほしいわ。そこお母ちゃんの場所ですねん。残り少ないお母ちゃんとの時間を大事にしてあげて。ぐらい言えや!!!!

非情すぎるお母ちゃんのお母ちゃん

いや、この演出いる?ただただつらい。人間の感情をアップダウンさせるだけでこっちが泣くと思うなよ。死んだら迎えにきてくれるって思ってるんだからそれでいいじゃんよ。ここで一気に観る気がなくなりました。(最後まで観た(笑))

正直いらない登場人物たち

探偵とヒッチハイカーいる?完全に数合わせというか・・。主要登場人物みたいな顔してるけど、君たちの印象全くない。

なんだかんだ邪魔でしかない探偵。

スレてる癖に数時間でお母ちゃんに心揺さぶられるヒッチハイカー。

わからない・・・。なぜパッケージにまでいるのかわからない・・・。

 

総括

全体的になんだかなぁと思う映画でした。

お母ちゃんがちょっと報われないなぁと思います。

 

正直、宮沢りえと杉咲花、そしてかわいい子役たちでもってる映画だと思いました。

はい!ここで泣いてください!みたいな注意書きがチラチラして逆に冷める展開に。(近年のハートフル系の邦画はみんなそうですが)

 

俳優陣は割と好きな感じなんですがね。

いかんせん一般受けを狙いすぎた感が拭えませんでした。

 

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [Blu-ray]

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [Blu-ray]