Anarchy WORKSHOP

アラサービジネスマンが日々の生活を備忘的に綴ります。ラジオトークやってます

anarchy WORKSHOP

【グルメ・雑記】ラーメン二郎に関する誤解を解きたい

f:id:buffett0904:20190104014052j:plain

どうもメガネです。年末の年始の長期休暇で完全に生活習慣が乱れ、こんな時間なのに眠れません。私は6日までお休みをいただいてますが、明日から出勤される皆さま、お疲れ様です。

常日頃ブログでも掲載しているように私はラーメン二郎が大好きです。よくデカ盛りの店としてテレビ等で紹介されるため、「名前だけは知っているけど行ったことない」「特殊なルールがいっぱいあるんでしょう?」といった誤解やネット中心とした誤った知識を持たれている方が多い印象を受けるので本日はラーメン二郎に関する基本的な知識について書いていきたいと思います。

ラーメン二郎ってそもそもなによ

ラーメン二郎は東京都港区三田に本店を構えるラーメン店です。首都圏や地方都市を中心に店舗数を拡大していますが、チェーンやフランチャイズではなく暖簾分けですので、個々の店舗が独立した店舗です。そのため(基本的な共通点はありつつも)お店によってメニュー展開や味付け、量などが大きく変わり、様々な店舗に訪問することが二郎フリーク(=ジロリアン)たちの楽しみにもなっています。また二郎と直接的に関係はないが、二郎を模したラーメンを提供するお店のことを「二郎系」「二郎インスパイア」等と呼び、中には本家二郎に負けずとも劣らない店舗もあります。

以下Wikipediaからの抜粋です。

特徴

麺の上には、野菜(モヤシとキャベツ)と「ぶた」とよばれるチャーシューが載せられる。豚肉を主な材料とした出汁に、多量の化学調味料とチャーシューの煮汁をベースにしたタレを加えて調整する。三田本店を含めた殆どの店舗で自家製麺を行い、原材料として日清製粉の強力粉「オーション」を使用している。出来上がった麺は基本的に比較的太く、ごわごわした平打ち麺となっている。

スープはチャーシュー用の豚肉や豚骨にキャベツの芯やニンニクなどの香味野菜、背脂を煮込んで作られる。豚の脂が混ざり脂肪分が多い。

トッピング

基本的に「ヤサイ」「ニンニク」「アブラ」「カラメ」の4つのトッピングが無料で可能である。なお、通常のラーメンに入っているトッピングは「ぶた」とひとつかみ程度の「ヤサイ」であり、ニンニクは入っていない。ニンニクをトッピングしたい場合は別途後述の「コール」で店員に申し付ける必要がある。

「ニンニク」はおろし状〜粗みじん切りにされた生ニンニクが丼に入れられる。「アブラ」とは、スープを作る際に煮込まれた粒状の背脂であるが、店舗によっては別途、醤油などで味付けされた背脂や別途背脂を調理し塊のまま出すことがある。「カラメ」とはラーメンで使用するタレを上から回しかけ、さらに濃い味に調製することである。

ほとんどの店舗で、ラーメンを供する直前に、店員が客に向けて「ニンニク入れますか?」などと問うので、客は「ニンニク」の有無や「ヤサイ」「アブラ」「カラメ」の追加の希望について返答をしなければならない。また「少なめ」「抜き」など、トッピングの量も融通をきかせてもらえる店舗が多い。また、新宿小滝橋店等一部店舗では着席時にトッピングの有無について聞かれる。

独特の聞き方、また返答の仕方からインターネット上では呪文(ヤサイマシニンニクカラメスコシ、等)と呼ばれるが、「ニンニク入れますか?」の問いかけに「はい」や「お願いします」、「入れてください」等と答えるだけでも注文は通じる。

 

これだけ知っておけば大丈夫なルール

ネットではたくさんのデマやネタ(最近はネットの低年齢化のせいかネタを判別できない人が増えましたね)がありますが、ここでは実際に守るべきルールについて書いていきます。逆にいえばここに書いてあることさえ守れば、なにも怖くありません。

①無料トッピング(野菜マシマシ等)はラーメン提供前

食券提出時に伝えようとする方をよく見るので注意。まぁ言ってしまっても「あ、ラーメンお出しするときに聞きますね」と言ってくれますが、「あ、この人初めてだ」と思われます。

②トッピングの呪文を言う必要はない。

多くの店舗でトッピングコールを促される際に「ニンニクいれますか?」と聞かれますが、はい・いいえで答えてOK。最近では「トッピングどうぞ」と聞かれる店舗も増えましたので、そういった場合は「普通で」「ニンニクいれてください」と答えましょう。大体麺を上げる作業を始めたら「そろそろかな?」なんて思いながら待ちましょう。イヤホン等をしていると聞こえないからダメですよ。

③食べられないなら増さない

個人的に一番やってはいけない行為だと思ってます。SNS映えを狙った増しは絶対にやめましょう。

④食べ終わったら丼をカウンターにあげる。

お店は大混雑なので、丼は自分でカウンターへあげましょう。

⑤カウンターにある布巾でテーブルを拭いて退店。

次の人が気持ちよく利用できるようにしましょう。たまにこぼした野菜を地面に捨てている方を見かけますが、気分が悪いですし、掃除が大変だと思うのでやめましょう。

ラーメン二郎Q&A

Q:食べきれないくらいのデカ盛りを提供されるの?ミニとかないの?

A:NO。ネットに出回っている写真は主に「野菜マシマシ」等の過度に盛り付けされた写真です。ただし一般的なラーメンの麺量が100〜150gなのに対し、ラーメン二郎では小サイズでも200〜250g程度ありますので、少食の方には厳しいでしょう。ほとんどの店舗で食券提出時に「麺少なめ」「麺半分」と伝えることで、量を少なくすることができますので、自信のない方は試してみましょう。麺半分は200gの半分ですので100g、つまり普通のラーメンと変わりません。また同様にトッピングコール時に「野菜少なめ」と伝えることで野菜も少なくなります。お店によっては小さめのサイズを提供しているところもあります。

Q:残したら殺される?

A:NO。食べきれない場合は素直に残しましょう。ただし上述のルールにも書きましたが「大」を頼んだ場合やトッピングを増した状態で残すのは非常にマナーが悪いのでやめましょう(不安なら初めから少なめにしよう)。これは二郎に限りませんよね。当たり前ですがスープを「完飲」する必要は全くありません。

Q:店員に叱られる(注意される)ことある?

A:店舗、場合によってはYES。しかし個人的な見解を言わせてもらえれば客側に非がある場合でしかそういった場面に遭遇したことはありません。具体的には「大行列ができているのにお喋り(スマホいじり)しながら食べる」「異様なレベルで食べるのが遅い」「イヤホン等をして店員のトッピングコールを聞いていない」等です。初めての店舗でも前の人の真似をして、普通にしていれば注意されることはありません。私はないです。

Q:ロットってなに?

A:簡単にいうと「一度に作れるラーメンの数」のことです。一般的なラーメン屋さんでは、注文が入ってから麺を茹でますが、二郎は絶えず行列のため、常時麺を茹でている状態です。例えば店の座席数が10、ロットが5だった場合、6人目の客は着席自体はできますが、次のロットに回されるので、10人目の客と同じタイミングでラーメンが出てきます。違う考え方をすると5人ずつの入れ替え制であるともいえますね。そのため11〜15人目までのラーメンができあがったときに、1〜5人目までの客がまだ食べていると、スムーズに客の入れ替えが行われないわけなんです。これを俗に「ロットが乱れる(ロット乱し)」と呼びます。ラーメン二郎を食べているときに急かされているように感じるのはこれが原因です。しかしですよ、大体麺が茹で上がるのに7分ほどあって、これが2回分なので14分くらい時間の猶予があるわけです。ラーメン1杯を20分かけて食べますか?麺伸びます。なのでよほど食べるのが遅い方以外は気にする必要ないですし、量で食べるのが遅れている際は素直に残して退店しましょう。

Q:そもそも美味しいの?

A:食べたあともその言葉を吐けるかな?

以上、簡単にはなりますがラーメン二郎基礎知識でした。それではまた次回、ラーメンブログで会いましょう。