Anarchy WORKSHOP

アラサービジネスマンが日々の生活を備忘的に綴ります。ラジオトークやってます

anarchy WORKSHOP

【グルメ】すっかり日常になった「ラーメン二郎池袋東口店」で小ブタを食す

どうもメガネです。私は池袋勤務であるため、「ラーメン二郎池袋東口店(通称イケジ)」によく訪問します。以前は「ニンニクいれたいし、夜かなぁ」なんて思ってましたが、最近はすっかり昼二郎にハマってしまい、週2回程度寄らせてもらってます。「そういえばイケジの記事って最初に書いたっきりだなぁ」と思い立ったので、今日はイケジの魅力を最大限伝えていきます。

ラーメン二郎池袋東口店の過去記事はこちら

www.anarchyworkshop.com

f:id:buffett0904:20190116212754j:plain

イケジは二郎では珍しく中休みをしない所謂「通し営業」のため、時間を気にせず訪問でき、時間帯によっては並びも少ないので使いやすい店舗です。食券は入店時、店内並びは6人程度まで。並ぶタイミングによっては店員さんに「食券見せてください」「並でいいですか?」と聞かれますので、指示に従いましょう。麺の量、カタさは食券提出時に。接客は二郎の中ではかなり丁寧な部類。複数名で行った際はできる限り隣同士にしてくれます。

f:id:buffett0904:20180927211326j:plain

メニュー構成はいたってシンプル。トッピングは味玉(固茹で)と後述の生とじ玉子。写真は夏時期の使い回し。麺量はほとんどブレず、250g程度。ロットは割と緩やかでゆっくり食べていても、急かされることはない。本日は小ブタと生とじ玉子をプッシュ。コール時は「トッピングどうぞ」と言われるので、今日はニンニク、アブラ、カラメをお願いした。

ブタ入りラーメン+生とじ玉子(ニンニクアブラカラメ) 900円

f:id:buffett0904:20190116212816j:plain

全体像。ヤサイの盛りは控えめ。私はヤサイがたくさん乗っているのがあまり得意ではないので、適量。横の方がマシにしてましたが「マシマシにすればよかった」と友達にこぼしてました。アブラは味付き、めちゃうまい。豚は正直サイズ的にしょぼいことが多いが、味・食感共にかなり好きな部類。

f:id:buffett0904:20190116212807j:plain

生とじ玉子。卵黄と鰹節を混ぜたもの(おそらく)。ノリの量がめっちゃブレる(笑)

f:id:buffett0904:20190116212844j:plain

スープ。乳化系。調理過程を見ればわかるのだが、大量のグルエース(うま味調味料)が入っており、ジャンクな味付けで食後は舌先が若干痺れる。デフォで味濃いめのため、カラメコールは要注意。卓上醤油もあるのでそちらで味調整が無難。ちなみにアブラからも醤油が溶け出す。私の舌はすでに狂っているのでしっかりカラメコール。

f:id:buffett0904:20190116214644j:plain

麺。通称うどん麺。かなり黄色みの強い、やや太めの稲庭うどんのような麺。カタメで超好みのゴワ感。イケジの魅力はなんといってもこの麺だと個人的に思っています。一口頬張れば夢中で啜れてしまうもの。

f:id:buffett0904:20190116212853j:plain

生とじ玉子へイン。鰹節の風味が口の中をさっぱりとさせてくれ、味変にも最適。卵白がないため、ダマになった白身がズロロということもない。生卵の数倍好き。

f:id:buffett0904:20190116212902j:plain

豚。やや小ぶりではあるものの柔らかく、しょっぱな味付けで何個でも食べられるやつ。脂身はほとんどないことが多い。しっかりと肉の旨味を感じられる。結構タンパクな部位なので後半に取っておいても全然美味しく食べられる。

f:id:buffett0904:20190116212910j:plain

豚も玉子にイン。ダブルにした際は半分はこの二郎すきやきを楽しむ。夢中になって食べてしまう。

f:id:buffett0904:20190116212918j:plain

ごちそうさまでした。あ、豆知識として、「二郎の乳化・非乳化」がよくわからない方は食べ終わった丼を見よう。ヤサイの残骸が浮いていれば非乳化、沈んでいれば乳化だ(超ざっくり)。

ちなみにこれは非乳化(京急川崎店)

f:id:buffett0904:20181229080449j:plain

 また週2で寄らせてもらいます。