Anarchy WORKSHOP

アラサービジネスマンが日々の生活を備忘的に綴ります。ラジオトークやってます

anarchy WORKSHOP

【グルメ】ついに限定麺へ。「豚星。」で「あの豚」を食べながら宙を仰ぐ

どうもメガネです。華金&給料日が重なるも、特に用事もなかったのでラーメン遠征をしようかなぁなんて考えてましたが、結局「豚星。」へ。なんともいえない中毒性があるんだよなぁ。並びまでもが脳内麻薬の分泌に一役買ってる。あ、これからも豚星の記事が増えていきそうなので、カテゴリ化しました(笑)以下からどうぞ。

過去の豚星記事はこちら

www.anarchyworkshop.com

前から気になっていた限定麺に挑戦しようとTwitterを確認したところ、本日は「辛くないから麺」、売り切れ後は「あの豚」とのこと。辛くないと書いてあるとはいえ、辛い麺はあまり好みではないので「あの豚になってるといいなぁ」なんて考えながら、お店へ向かう。ちなみに「あの豚」とは「あの日食べたブタキムチの味付けを僕は知らない」の略らしい。ますますわからん。わかるのは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、通称「あの花」のオマージュであることぐらい(笑)

到着は19時ジャスト、並びは目算で20名強。

f:id:buffett0904:20190119203223j:plain

f:id:buffett0904:20190119203347j:plain

売ってた!追い飯かぁ、多分無理だろうなぁ。初の限定麺購入でテンション上がる。これからは限定の頻度上がりそう。ヤサイ少なめをお願いしたかったけど、せっかくの初限定麺であるため、デフォの量を楽しもう。幸いにも胃には余裕がある。

f:id:buffett0904:20190119203540j:plain

列接続から40分ほどで着席。なんと両脇も同じく限定麺。ネットのコピペじゃないけど自然とバトルになりそうな雰囲気(笑)。少ししてからコールを促されたのでニンニク、カラメ、アブラ、マヨネーズをお願いした。ちなみにトッピングは汁なし蕎麦と同様。ヤサイはおかわり制のため、お間違いなく。

あの豚(ニンニク、カラメ、アブラ、マヨネーズ)900円

f:id:buffett0904:20190119203823j:plain

全体像。なんちゅうビジュアル!凶悪すぎる!マヨトッピングは最後まで迷ったけど、もしキムチが辛かったら嫌だなぁとセレクト。たまごは全卵。ヤサイはかなりのクタ加減でそのままでもモヤシの泥臭さを感じない美味しいやつ。そのまま混ぜるのが厳しそうだったので、少しだけヤサイを食べてカサを減らす。

f:id:buffett0904:20190119204315j:plain

豚。あの最高の豚がサイコロ状にカットされている。食感がしっかり残った大きめサイズ。量的には普通のラーメンより豚の量多いのでは?と思うほど大量に入っている。

f:id:buffett0904:20190119204435j:plain

キムチ。辛みは弱め。酸味強めの日本人好みのキムチ。もっと主張してくるかと思ったけど、食べてみると主張控えめだけどいいアクセント。

f:id:buffett0904:20190119204719j:plain

白ネギとニンニク。こういう薬味が本当に大事。シャキシャキ食感があとあとの足枷になるとわかりつつもやっぱり美味しい。

f:id:buffett0904:20190119204918j:plain

汁なしの部類だが、汁は結構ヒタヒタ。

f:id:buffett0904:20190119204957j:plain

丼のそこから麺を引っ張り出し、しっかり混ぜる。相変わらずのパツっとしたデロ麺。小麦感最高。一口啜れば至高の瞬間。普通の汁なしより好き。多分個人的にペッパーがない方が好きなんだと思う。カエシがよく効いたジャンクな味。キムチやネギが単調になりがちな味にアクセントを加えて、マヨネーズのまろみが若者が好きな味へ誘う。半分食べたところで、「あ、お腹いっぱいかも」と認識してしまった。大食いする上で、この自己認識は非常に危険。大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせながら胃に詰め込む。もう味わっている余裕はないのだ。

f:id:buffett0904:20190119205448j:plain

麺を処理するも、ネギ・キムチ・豚の残骸が丼の底に大集合。スープのあるラーメンなら隠して退店することも可能だが、汁なしの場合はそうもいかない。レンゲを持った状態で数分フリーズ。ふと宙を仰ぐ、邪念を消すためだ。あ、両サイドも宙仰いでる。いやキッツイ量だよなぁ!コレ!

f:id:buffett0904:20190119205715j:plain

ごちそうさまでした。追い飯やっぱり無理だった。しかし限定麺楽しめて大満足。前にネットで見た「傘がない」がめっちゃ気になってて、なかなか登場しないらしいのでTwitter監視しつつ食べてみたい。また寄らせてもらいまーす!